あいさつ

理事長あいさつ

地域の皆様、患者様にとって信頼される病院でありたい。

私の父が岩田町に当院を創立して35有余年が経ち、多くの患者さん、スタッフの方々に支えられて今日まで地域の医療を担う事ができたことは感謝の念に堪えません。この度、後任として理事長を拝命し、引き続き皆様のご愛好賜りたいと思います。

ふり返りますと、私に限らず、医療人は医の門を叩いた時から、先ずは知識の蓄積と技術の向上に心血を注ぎます。経験を重ねるにつれ徐々に周りを見渡す余裕が生まれると、医は仁術なりの心を目指すようになります。この仁術は実に奥が深く、まだ私は頂を見るに至っておりません。

じつは、私もそれが医療にたずさわる者の行動の“信頼される病院でありたい”は創立からの当院の理念であります。先代の探究した“大医王”に少しでも近づこうと、我々は研鑽の日々を送っておりますが、自らの鍛錬だけでは高みを望む事は難しく、皆様の掛けていただくお言葉が、頂きに進む強い力となります。当院で治療を受けて良かったと笑顔がいただけるよう頑張って参りますので、これからも叱咤激励をよろしくお願いいたします。

大分整形外科病院 理事長

木田 吉城
Yoshikuni Kida

病院長あいさつ

高齢化社会を迎えて、われわれ整形外科医の役割はますます大きくなっています。
人間は年齢を重ねる毎に知恵は増えますが、骨、筋肉、神経は確実に衰えてきます。骨の老化は骨粗鬆症や変形をもたらし、骨折による脊椎の痛みや神経の痛みを起こします。
高齢者にやさしい低侵襲な手術法はもちろんのこと、骨折で変形してしまった背骨の矯正など、ありとあらゆる疾患に対応してゆく必要があります。

また、働き盛りの青壮年、中高年者に対しては、短い入院で職場復帰できるように内視鏡手術を大分で最初に導入しました。
特に腰椎椎間板ヘルニアに対しては大変な威力を発揮しております。長年の労働で不安定になった脊椎を安定化させる固定術や制動術も積極的に行っており、重労働にも耐え得る背骨を作って社会復帰させております。

これからの日本の将来を担う若年者に対しても、スポーツ障害や側弯症の治療などを通して、疾患を重篤化させることなく健全な社会生活が送れる準備作りに貢献しております。

大分整形外科病院では脊椎脊髄センターを開設し、特に脊椎疾患に力を入れて診療しております。
お陰様で今では県外からの患者さんもかなり多くなりました。それと同時に、人工関節センターも開設し、変形した関節の再建にも力を入れております。こちらも年々症例数が増えております。
その他のあらゆる整形外科疾患にも対応すべく、スタッフをそろえ、最新の医療器具を用意しています。

昨年の手術件数は約900例でした。その内、脊椎関連は約500例であり、これは大分県はもとより全国でもトップクラスの症例数であります。われわれの目標は日本一の整形外科病院になることであります。
数だけではなく内容で日本一になる。そのためにも日夜研鑽に努めてまいります。

大分整形外科病院 病院長

大田 秀樹
Hideki Ohta