header_sekitui2

腰部脊柱管狭窄症(腰椎変性すべり症)

脊柱管狭窄症とは?

脊椎に神経の通り道があり、これを脊柱管といいます。
脊柱管は骨、椎間板、靭帯に囲まれた空間であり、これらが年齢とともに変性してくることで、神経の通り道が狭くなります。 これにより、神経が圧迫された状態を脊柱管狭窄症と呼びます。

 

 


腰椎変性すべり症とは?

脊椎が年齢性の変性を起こした結果、安定性がわるくなり、グラグラになることをすべり症といいます。

 

 


症状

腰椎の中にある神経(馬尾神経)は足の運動、排尿、排便を担当する神経が通っていますので、神経が圧迫を受けると、足の痛み、シビレ、筋力低下、排尿障害がおこります。
特に、歩行を開始すると次第に足が重くなり歩けなくなる症状が典型的で、間歇性跛行と呼ばれます。







▲脊髄造影後に腰椎を横から見たレントゲン
白く写っているのが脊柱管
左は脊柱管がよく写っているが、右はとぎれとぎれになっている(脊柱管狭窄症)。

 





▲左が正常、右は脊柱管狭窄症(MRI 腰椎を輪切りにした画像)
脊柱管(赤丸の中の白い部分)が右では狭くなっている

 


治療方法

症状が軽い場合には保存療法が第一選択になります。 鎮痛剤や神経周囲の血流を増やす内服薬の使用、リハビリ、ブロック注射が一般的です。症状が重篤な場合(痛みが強い、歩けない)は、神経の圧迫を手術で取り除く必要があります。脊椎の変形(椎間板や靭帯や関節が痛むこと)で、脊椎の不安定性が強い場合には神経の圧迫を取るだけでは症状がよくならないことも多く、インプラント(金属)を使用し脊椎を固定する手術を行うこともあります。

コメントは受け付けていません。