header_sekitui3

脊椎固定術と制動術

方法

脊椎がグラグラして不安定で、そのために腰痛が著明な場合には、除圧術だけでは不十分であり、インプラント(金属)を椎体に挿入することで脊椎を安定化させる手術を行っています。
不安定性が著明であればガッチリとした固定術を、軽度であれば制動術を行っています。





▲脊椎固定手術(がっちりした固定の手術)

▲赤丸が手術後の金属
  椎間板をすべて取り除き、そのスペースに骨を詰め込むことで強固な固定をしている。











▲制動手術(動きを抑える手術)後の腰椎を横から見たレントゲン
  脊椎が金属で固定をされているが、金属に可動性が残されているため、赤線のように椎体の動きが残っている。
  より自然に近い状態を再建することができます。

コメントは受け付けていません。