header_sekitui3

後方除圧術

方法

腰部脊柱管狭窄症など脊柱管が狭くなった患者さんに対して、背中側からアプローチして神経を圧迫している骨、靭帯を切除することで神経を自由にしてやる手術法です。
当院では背中の筋肉を傷つけないため棘突起縦割法を取り入れており、必要な関節を残すようにしています。





 

▲赤丸のように、骨が削られ、脊柱管が拡大している





 

▲脊柱管(白い部分)が拡大している

コメントは受け付けていません。