形成外科

当院では福岡大学形成外科から先生をお招きし、形成外科診療を行っています。
形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 “Quality of Life” の向上に貢献する、外科系の専門領域です(日本形成外科学会HPより)。 
    
形成外科が扱う疾患は非常に多様です。
・擦り傷・切り傷・やけどなどの新鮮外傷。
・外傷もしくは手術による傷あと・変形・ひきつれ。ここには乳癌切除後の乳房欠損や顔面骨骨折後の顔面変形なども含まれます。
・体表にあるほくろ・いぼ・あざ・血管腫。
・顔面・体幹・手足の各種先天奇形。
・顔面神経麻痺による顔のゆがみ。
・まぶたのたるみ。
・糖尿病や放射線などを原因とする難治性のキズ。
    
当院ではこれらの疾患はもとより、これ以外にも、顔のシミ、ふたえ、わきが、脱毛などの美容外科的な内容についても御相談にのっています。

 担当は
毎月第1水曜日(8:30~11:00・13:30~15:30受付):福岡大学形成外科 准教授 高木誠司先生          
 大学レベルの診療をここ大分で受けることができますので、どうぞ「見た目・外観」でお悩みの方は一度御相談下さい。なお学会等で休診のこともありますので、事前にお電話の上でお越しください。

 参考
福岡大学形成外科のホームページ
http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/plastic/
日本形成外科学会のホームページ
http://www.jsprs.or.jp/

 

コメントは受け付けていません。