header_sekitui2

頸椎症、頸椎症性脊髄症

頸椎症とは?

頸椎(首の骨)、椎間板、靭帯、関節の変形を総称して頸椎症といいます。
年齢を重ねると、だれもが変形をきたしてきますが、変形が強くなると頸部の痛みとして症状を出すことがあります。
頸椎には脊髄神経が通る脊柱管があり、頸椎の変形により、脊髄神経が圧迫をうけることがあります。すると、手足の痛みやシビレ、指の細かな動きがしにくい、つまずき易いなどの症状がでることがあります。症状が悪化すると、四肢の筋力低下、歩行困難、さらに排尿、排便困難等の症状が出てきます。


▲左は正常、右は変形した頸椎(頸椎を横から見たレントゲン写真)


▲左は正常、右は頸椎が変形して脊髄が圧迫されている(頸椎を横から見たMRI)


治療方法

神経の圧迫がないか、軽度の場合は内服(鎮痛剤)、リハビリ、ブロック注射等で治療します。
しかし、脊髄神経は、一度損傷を大きく受けると回復しづらいため、脊髄神経の圧迫の程度によっては、症状の進行を予防するためにも早めに手術をすることが推奨されます。

コメントは受け付けていません。