header_sekitui3

椎体形成術

方法

圧迫骨折は基本的に安静による保存療法を行いますが、骨折により神経が圧迫された症状が出るときや、骨折が治らないとき(偽関節)、姿勢が悪く歩行が困難になる場合には手術を選択する場合もあります。
圧迫骨折を起こした椎体に人工骨やセメントを入れ、矯正をします。





 

▲圧迫骨折部分に人工骨が入れられ、金属で固定されている。

コメントは受け付けていません。