header_sekitui3

頸椎椎弓形成術

方法

頸椎症性脊髄症や頸椎後縦靭帯骨化症などに対して、後方から脊髄神経の通り道(脊柱管)を広げる手術です。
人工の骨で脊髄をカバーする屋根を作ってやります。
当院では手術後の頸部の痛みを緩和するために、皮膚切開をできるだけ少なくし、筋肉を温存する方法で手術を行っています。





▲頸椎を横から見たレントゲン





▲頸椎を輪切りにしたCT画像

▲赤丸のように椎弓が形成され、脊柱管が拡大されている





▲MRI 頸椎を横からみた像

▲赤丸のように、脊髄の圧迫が取り除かれている

コメントは受け付けていません。