header_sekitui3

頸椎椎間板ヘルニア摘出術

前方法

頸椎ヘルニアが正中で脊髄を強く圧迫している場合、頸椎前方固定手術が一般的です。当院では顕微鏡を使用しより安全な手術を行っています。
頸椎前方固定術はヘルニアのある椎間板を摘出して、そのスペースを骨で置き換える方法です。
より骨を安定させるためにインプラント(金属)で頸椎を固定する方法も行っています。





▲頸椎を横から見たレントゲン

▲金属で固定をされている(赤丸部分)


後方法

ヘルニアが小さいか片側に偏っている場合、後方から骨に小さな穴をあけヘルニアを切除します。
骨を移植する必要がないので入院期間、職場復帰が早いという利点があります。

コメントは受け付けていません。