看護部教育

スタッフ教育

目的

大分整形外科病院の看護師として、専門性を持ち、自主的,主体的に質の高い看護サ-ビスを提供できる人材を育成する。

目標

  1. チ-ムの一員としての立場と役割を認識し、看護師としての責任ある行動が取れる。
  2. 整形外科看護の専門知識と技術、及び的確な判断力に基づいた問題解決能力を身に付け、根拠に基づいた看護実践が出来る。
  3. 自己のキャリアプランを持ち、目標達成に向けて自主的に学び、自己研鑽することが出来る。

段階別到達目標

段 階 目 標

Ⅰ段階
(1~2年目)

  1. 職業人としての自覚を持ち、常識的で責任のある行動が取れる。
  2. メンバ-シップについて理解し、チ-ムの一員としての役割を果たす事が出来る。
  3. 整形外科看護の基本的な知識、技術、態度を身に付け、安全且つ確実な看護が実践出来る。
  4. 基本的な看護過程の展開が出来、代表的な疾患を持つ患者の看護が展開できる。
Ⅱ段階
(3~4年目)
  1. リーダーシップの要素を理解し、チームリーダーの役割が取れる。
  2. 整形外科看護の専門知識を深め、個別性を考慮した看護過程の展開が出来る。
  3. プリセプターとしての役割および指導方法が理解でき、プリセプティの指導が出来る。
  4. 組織の一員としての役割を認識し、自己の課題を達成することができる。

Ⅲ段階
(5年目以上)

  1. 中堅看護師としての役割を認識し、チーム内の問題解決に向け、リーダーシップを発揮することが出来る。
  2. 自らの看護実践能力を活用し、専門的な看護ケアについて後輩の指導が出来る。
  3. 看護の専門職者として主体的に学び、自己のキャリアアップを図る為の自己研鑽が出来る。
  4. 病院・看護部の理念方針を理解し、支援を受けるがら部署目標立案及び達成に参画することが出来る。
管理者教育

目的

大分整形外科病院における、看護管理者としての能力を持ち、実践に活用する事が出来る人材を育成する。

目標

  1. 病院の運営方針を理解し、病院経営に積極的に参画する事が出来る。
  2. 看護単位の管理者としての役割と責任を認識し、看護部の目標管理を推進する事が出来る。
  3. 看護スタッフのキャリア開発を支援し、スタツフ個々の育成に責任をもつことが出来る。
  4. 質の高い看護実践者としてのモデルになることが出来る。
  5. 他部門と協働し、チ-ム医療における役割を果たす事が出来る。

段階別到達目標

段 階 目 標
Ⅰ段階
(主 任)
  1. 看護部の理念・方針を理解し、看護単位の目標達成にむけ、リ-ダ-シップの発揮が出来る。
  2. 管理者を補佐し、委譲された管理業務を責任をもって遂行出来る。
  3. 看護実践の役割モデルとして、質の高い看護サ-ビスの提供が出来る。
  4. スタッフの育成に、積極的に関ることが出来る。
  5. 他部門との関連業務を理解し、協働して問題解決する事が出来る。
Ⅱ段階
(師 長)
  1. 看護婦の理念・方針をスタッフに浸透させ、看護単位における目標管理を徹底させる事が出来る。
  2. 看護単位管理全般にわたって責任を持ち、管理者としての成果責任を果たす事が出来る。
  3. 看護単において継続して質の高い看護を提供出来る。
  4. スタッフのキャリア開発、段階別目標達成を支援し、スタッフの育成にに責任を持つことが出来る。
  5. 病院内における看護部の役割責任を認識し、関連業務の改善に積極的に参画する事が出来る。

コメントは受け付けていません。